キーワード検索 



いらっしゃいませ ゲストさん
JFAnews2016 4月情報号
JFAnews2016 4月情報号

JFAnews2016 4月情報号

商品番号 gd141

定価600円(税込)

数量

『JFAnews4月情報号』、本日(4月18日)発売。JFAの新体制を特集

JFAロゴタイプやJFAシンボルのデザインも刷新され、田嶋幸三新会長の元にスタートした新体制。『JFAnews』4月情報号では「日本サッカー、本気の改革へ」と題して、田嶋会長の就任の抱負や日本サッカー協会の新たな取り組みなどを特集します。

JFAは2014年から「JFAリフォーム」と称して組織改革・強化を進めてきました。その一環として今年1月に日本のスポーツ団体では初となる会長選挙を実施。田嶋副会長が過半数を獲得し、3月27日の評議員会、理事会で第14代目の会長に就任しました。
トップインタビューでは、田嶋会長がマニフェストの中で特に力を入れたいという「育成日本復活」について、また、「最強のメンバー」という理事会への期待、47都道府県サッカー協会の自立、ガバナンスの整備、そして、シーズン制移行についての考えを語ります。

「日本サッカーが進む未来」と題した企画では、「JFAリフォーム」による組織改革を振り返りつつ、「JFAの約束2030」と「JFA中期計画2015-2022」をあらためて確認します。

3月をもって退任したなでしこジャパンの佐々木則夫監督にも話を聞きました。
進化する世界の女子サッカーにあって、今後、日本が再び世界に打って出るために何が必要なのか――。 2006年から各年代女子代表チームに携わって11年、FIFA女子ワールドカップドイツ2011で初優勝、翌2012年夏にはロンドンオリンピックで銀メダルを獲得し、昨年のワールドカップカナダ大会では準優勝と、主要世界大会3大会で決勝に進出するという輝かしい実績を残した功労者に、リオデジャネイロオリンピックを懸けて戦った女子サッカーアジア最終予選を振り返りながら、日本の強みと課題について語ってもらいました。
「必ずやまた日本女子サッカーが世界の頂点に立つ日が来ることを信じています」と温かい眼差しで、なでしこジャパンにエールを送っています。

フットサルに関わる読者の皆さんにお楽しみいただいた『Futsal for all〜みんなのフットサル』もミゲル・ロドリゴ監督の退任に伴い、今号が最終回となりました。2月にウズベキスタンで開催されたAFCフットサル選手権の戦いや日本フットサル界に対する情熱、フットサル日本代表監督としての約7年間の思い出など、拡大版でお届けします。