キーワード検索 



◆配送遅延
荷受け停止など◆
西日本を中心とした集中豪雨、また北海道で発生した地震の影響により、一部地域が荷受け停止となっております。
北海道一部
広島県一部
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

最新の状況、詳細につきましては、恐れ入りますがヤマト運輸HPをご確認ください。

いらっしゃいませ ゲストさん
JFANews2017 10月情報号
JFANews2017 10月情報号

JFANews2017 10月情報号

商品番号 gd186

定価600円(税込)

数量

日本サッカー協会(JFA)が毎年9月に展開している「JFAリスペクトフェアプレーデイズ」。
JFAではこの期間中、「リスペクト(大切に思うこと)」の輪を広げていくさまざまな活動を実施しています。
今号では、9月2日(土)に開催されたリスペクトF.C.JAPANシンポジウムを中心にレポートし、スポーツの価値を高める「リスペクト」の重要性について考えます。

「勝利とリスペクト」をテーマに行われたシンポジウムは、田嶋幸三JFA会長の基調講演からスタート。これまで日本代表が数々の大会でフェアプレー賞を受賞してきたことは「日本の誇り」であるとし、最後まで正々堂々と勝利を追求することの重要性を改めて訴えました。
基調講演に続いて行われたパネルディスカッションの様子については、登壇した4名のコメントを抜粋して掲載しています。パネルディスカッションでは、試合における相手へのリスペクトなどについて議論が交わされ、パネリストの一人であるU-17日本代表の齋藤俊秀コーチが現役時代に監督からかけられていた言葉を紹介。「選手時代に意識していた準備の大切さを指導者として選手たちに伝えていきたい」と話しました。
育成年代の代表チームを率い、国際大会を戦ってきた経験を持つなでしこジャパンの高倉麻子監督は「若い選手たちは相手をリスペクトしながら、自信をもってプレーできている」とコメント。池内豊 JFAユース育成サブダイレクターとバレーボール指導者のヨーコ・ゼッターランドさんは、選手の力をいかに引き出すかについて、自身の経験を基に意見を交わしました。
シンポジウムの中盤で実施されたリスペクトアウォーズ2017の表彰式で「ウェルフェアオフィサー賞」「グリーンカード賞」「レフェリー・コミュニティ賞」「インクルーシブ賞」を受賞した4団体については、それぞれの受賞コメントを紹介しています。また、グリーンカード賞に輝いた本城東・西幼稚園の取り組み、インクルーシブ賞を受賞した全日本大学サッカー連盟のHIKARIプロジェクトを詳しくレポートしています。

そのほか、ユニバーシアード競技大会で3大会ぶり6度目の優勝を遂げたユニバーシアード日本代表と同女子代表の大会レポート、そして、それぞれのチームを率いた宮崎純一監・望月聡両監督のインタビュー、また、U-16日本女子代表の楠瀬直木監督にもAFC U-16女子選手権の振り返りなど多岐にわたって話を聞いています。
隔月連載のブルーノ・ガルシアフットサル日本代表のコラムも今月の掲載です。