キーワード検索 



◆配送遅延
荷受け停止など◆
西日本を中心とした集中豪雨、また北海道で発生した地震の影響により、一部地域が荷受け停止となっております。
北海道一部
広島県一部
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

最新の状況、詳細につきましては、恐れ入りますがヤマト運輸HPをご確認ください。

いらっしゃいませ ゲストさん
JFANews2018 2月情報号
JFANews2018 2月情報号

JFANews2018 2月情報号

商品番号 gd197

定価600円(税込)

数量

日本サッカーの歴史において、大学サッカーは極めて重要な役割を果たしてきました。黎明期には、教育大学の前身となる師範学校で蹴球部が創設され、卒業後に教師となったOBが日本各地にサッカーを普及する役割を担いました。近年では、多くの日本代表選手を輩出し、また、Jリーグや日本フットボールリーグ(JFL)に有望な選手を送り出すなど、トップレベルの選手を育て強化する場となっています。
期待がますます高まる大学サッカー。今号の特集では、大学サッカーの変遷をたどるほか、全日本大学サッカー連盟の取り組みや大学チームのサッカー環境などご紹介します。

巻頭インタビューは、全日本大学サッカー連盟(JUFA)の中野雄二技術委員長(流通経済大学サッカー部監督)。日本における大学サッカーの特徴や立ち位置、抱えている課題、昨年スタートした大学1〜2年生を対象とした新人戦の狙い、そして大学サッカーの未来など幅広い質問にお答えいただきました。

事例紹介は、約500人の部員を有し、トップチームをはじめ12カテゴリーに分かれて活動している東京国際大学と、今年4人のプロ選手を輩出するなど関東リーグ1部で活躍している桐蔭横浜大学サッカー部の取り組みをレポートします。

特別企画は、グラスルーツ座談会。
昨年8月、「U-17横浜サッカーフェスティバル」が行われ、健常者のチームに障がい者のチームが加わって試合を行ったり、高校部活動の指導者が障がい者チームを指導するなど、温かな交流が育まれました。座談会は、神奈川県サッカー協会や高校サッカー部、Jクラブアカデミー、障がい者サッカー団体など、同フェスティバルに参加した関係者を招き、フェスティバルで気づいたこと、障がい者と健常者が分け隔てなくサッカーに打ち込める環境についてなど、さまざまな意見を交わしました。

大会情報は、2020年の東京オリンピックでメダル獲得を目指すU-21日本代表が出場したAFC U-23選手権中国2018をレポート。
隔月連載のブルーノ・ガルシア フットサル日本代表監督のコラムでは、選手はどのようにしてトップレベルにたどり着くか、指導者は選手のどの要素を伸ばせば成長に導けるか、トッププレーヤを生む鍵について解説します。