キーワード検索 



いらっしゃいませ ゲストさん
JFANews2018 3月情報号
JFANews2018 3月情報号

JFANews2018 3月情報号

商品番号 gd200

定価600円(税込)

数量

アジア各国の強豪チームが集うAFCチャンピオンズリーグ(ACL)。出場チームは国を代表し、クラブの誇りを胸にアジアの頂点を目指します。2006年、アジアサッカー連盟(AFC)はACLをUEFAチャンピオンズリーグと同等の大会にすることがアジアサッカーのレベルアップにつながると考え、改革に着手します。その担い手となったのが、日本サッカー協会(JFA)でした。
今号ではACLの改革と発展への歩みを振り返るほか、JFAとJリーグが協働して出場クラブの戦いを多岐にわたって支援する「ACLサポートプロジェクト」の取り組みをご紹介します。Jリーグ王者として2年連続6度目のACLに挑む川崎フロンターレには、アジアの大会とJリーグの違いやACLで得られる貴重な経験などについて話を聞きました。

特別企画は、初めての開催となった9地域フットサル技術担当者会議です。各地域の技術担当者がJFAハウスに集まり、国内のフットサルの現状、委員会のビジョン、強化方針など日本フットサルの未来図を共有した会議の内容をお伝えします。

大会情報は、フットサル日本代表が出場したAFCフットサル選手権チャイニーズ・タイペイ2018です。タイトル奪還はならなかったものの、実りある準優勝を手にした代表チームの奮闘をレポートします。

2020年の東京オリンピックでメダル獲得を目指すU-21日本代表を率いる森保一監督のインタビューも必見です。1月に開催されたAFC U-23選手権中国2018での戦いを通して得た手応え、今後の課題などを聞きました。

隔月連載の「私とフットボール」では選手から審判員に転身し、プロフェッショナルレフェリー(PR)や国際審判員をつとめた扇谷健司さんが登場します。2016シーズンにはJ1主審として通算200試合を達成し、昨シーズンをもって現役を引退した扇谷さんが、これまでの審判人生を振り返ります。