キーワード検索 




◆配送遅延◆
台風19号の影響で、一部地域へのお届けに遅延が発生しております。
東京都
西多摩郡奥多摩町(日原)
宮城県石巻市
(折浜・小竹浜)
 伊具郡丸森町
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

最新の状況、詳細につきましては、恐れ入りますがヤマト運輸HPをご確認ください。

いらっしゃいませ ゲストさん
JFANews2018 11月情報号
JFANews2018 11月情報号

JFANews2018 11月情報号

商品番号 gd218

定価600円(税込)

数量

フットサルのピッチは標準で20m×40m。攻守の入れ替わりが激しく、ボールに触る回数もプレーに関わる頻度も多くなることから、ボールを扱うテクニックや判断が鍛えられるといいます。
そこで今号のJFAnewsでは、フットサルの競技特性や魅力について特集します。

巻頭インタビューは、フットサル日本代表のブルーノ・ガルシア監督です。フットサル強国・スペインから来た指揮官が考えるフットサルの魅力とは何か。Fリーグ、フットサル日本代表がこれから進むべき道はどこかなど、熱く語ってくれました。

特集第2弾は、「プレー環境の変遷と背景」と題し、日本フットサルの黎明期から日本サッカー協会(JFA)がフットサルの大会整備に着手した90年代以降の主催大会の変遷をたどりながら、新たな転換期を迎えた現在のフットサル、そして、その可能性についてレポートします。

さらに、Fリーグを担当する小崎知広フットサル国際審判員にフットサル特有の競技規則と競技の見どころを解説してもらったほか、Fリーグで活躍するペスカドーラ町田の森岡薫選手とバルドラール浦安の藤原潤選手に、フットサルを始めたきっかけから、技術を高めるために実践してきたこと、現在トレーニングで意識していることなどについてインタビューしました。

隔月連載の「私とフットボール」にはフットサル日本女子代表の小村美聡選手が登場します。一度はサッカーのピッチから離れたものの、フットサルと出合い、本気で取り組むうちに目標を見つけ、アルコイリス神戸を創設。その後、結婚、出産を経て代表に復帰した小村選手にその時々の思いや今後の目標などを聞きました。

その他、6大会ぶり3度目の優勝を果たしたAFC U-16選手権マレーシアでのU-16日本代表の戦いをお伝えするほか、チームを率いたU-16日本代表の森山佳郎監督にチーム立ち上げから大会に向けた準備、選手たちの成長ぶりを語ってもらいました。

「育成の学び場」、「いつも心にリスペクト」など連載もお見逃しなく。